MENU

紫外線とその対策が原因の敏感肌!?

紫外線は、お肌のトラブルを誘発してしまうことがわかっています。敏感肌と紫外線は、一見すると無関係のように思えてしまいますが、肌の過敏性を上げる原因となっているのです。

 

紫外線に当たると、皮膚の組織が酸化してしまったりダメージを受けやすくなるため、元々は肌が強かった人も、皮膚の組織が弱くなってしまうことで洗顔しただけで刺激を感じやすくなるのです。紫外線からお肌を守るためにも、UVクリームを塗るようにしましょう。

 

UVクリームを塗れば、肌を紫外線の影響から守ることができ、敏感肌を改善することができます。紫外線がお肌の表面だけではなく、奥の細胞を破壊することを防止出来るようになるので、新しい皮膚細胞も再生されるようになります。今まで長く敏感肌だった人も、UVクリームを塗れば強い皮膚がうまれるようになり、敏感肌を解消しやすくなるでしょう。

 

ただし、UVクリームの選び方に注意しないと敏感肌の原因となるため注意が必要です。クリームを購入する時には、SPFやPAの値が高いものを選んでしまいます。この数値が高ければ高いほど紫外線を防御する能力は高くなってきますが、お肌に与える負担も相当なものとなるのです。美白のためにSPFやPAの高いUVクリームを塗っているうちに敏感肌になってしまう方は、実は多いのです。

 

UVクリームを選ぶときには、SPFやPAの値の高いものを使うのではなく、値が低くなっているものをこまめに塗り直して使いましょう。