30代のスキンケアは保湿が重要!

これまでずっと使い続けてきた化粧品が、ある日突然肌に合わなく感じたことはありませんか?加齢とともに、肌も変化していきます。これまで肌に合っていた化粧品でも、肌が変化することで「合わなくなった」と感じてしまうことがあるのです。

 

30代に入ると、保湿を中心としたスキンケアが必要になります。これまで使用していた化粧水だけでは、肌がつっぱるように感じますよね。肌の水分量やコラーゲンが低下しているサインなので、スキンケアでしっかりと補ってあげましょう。

 

また、30代になってからできる大人ニキビは、肌の乾燥が原因であることが多いです。一度ニキビができてしまうと、治っても同じ場所に再発しやすいため、日頃からしっかりと保湿を行ってニキビを防ぐことが大切です。

 

30代のスキンケアで大切なのは、化粧水だけでケアを終わらせてしまわず、乳液やクリームで保湿をするということです。せっかく化粧水で肌に水分を補っても、そのまま放置していては水分が飛んで乾燥してしまいます。化粧水の後に乳液やクリームを使用することで、肌に保湿のバリアを作ることができます。保湿バリアを作ることで乾燥肌を防いで、綺麗で健康的な肌を維持していきましょう。

敏感肌になる原因とは?

敏感肌とは、普通の人よりも反応しやすく刺激に弱い肌のことを言います。敏感肌になってしまうと、化粧品を使用しただけでも肌が荒れてしまったり、痛みや痒みを感じるようになってしまいます。肌が弱いとメイクやスキンケアが大変になってしまうので、敏感肌になる原因を作らないように心掛けましょう。

 

敏感肌になってしまう原因は人それぞれ違いますが、主に生活習慣・精神的ストレス・食生活などが挙げられます。

 

生活習慣が乱れていると、肌が荒れてしまうという話は聞いたことがあるでしょう。睡眠不足が続いていたり、しっかりとお風呂で体を温めることができていないと、肌を健康的に保つホルモンが正常に分泌されなくなってしまいます。不規則な生活で新陳代謝が低下すると、肌を綺麗にするターンオーバーも正常に行われなくなってしまいます。肌を健康的に保つためには、まずは生活習慣を見直してみましょう。

 

また、偏った食生活を続けることで、敏感肌になってしまう人もいます。肌を作るためには、たんぱく質が必要になります。ファストフードやコンビニ弁当ばかり食べていると栄養バランスが偏り、たんぱく質が不足してしまいます。敏感肌にならないためには、食べ物にも気を付けたいですね。

関連ページ

ジェイドブランは薬局店舗(ドラッグストア)で購入できるの!?
ジェイドブランは市販での取り扱いがないので、通販のみでの販売となります。